企業組合 県木住

INTRODUCTION

会社の特長

 

県木住は元々、県産材で家をつくること、地元の林業と連携してその活性化を目的に立ち上げられた企業です。森は、その地域の土壌や水、自然環境、水などを守る働きをしています。その森を守るためには、実は間伐と言って適度に木を伐採する=使う必要があるのです。

しかしながら、今から20年以上前、コストが安い外国からの輸入材が増え、せっかく良い木が地元にあってもそれが使われないという問題が出てきました。そんな問題を解決すべく生まれたのが、地元の木にこだわり、自然素材の家づくりにこだわる県木住です。


 

「人のカラダに合った、ナチュラルな素材でつくる家」

 

代表の佐藤は当時、弘前市にあるハウスメーカーに勤務しており、県木住には、出向社員として入社しました。大学時代に学んだ林業の知識(林学科卒)と、ハウスメーカー時代に住んでいた家で、娘がひどいアトピーを発症した経験から、自然素材の家づくりを探求してきました。

 

山と住宅をつなぐ仕事から、住まいを通じて山と人をつなぐ仕事へ。

そんな想いで家づくりを続けている県木住は今、お客様へ「モノづくり」の新たな価値を提供すべく、次なるステージへの階段を登っている最中です。

 

新たな価値とは何か? 詳しくは下記、家づくりの特長をご覧ください。

家づくりの特長

「居心地の良さをつくる材料は、自然素材と住まう人の気持ちである」

 

県木住の家の最大の特長はやはり、木材を中心とした自然素材に囲まれた家。

エアコンやシステムによる温度でわかる暖かさではなく、
自然素材のそれから伝わる、感じるあたたかさ。
まるで森林の中にいるような気持ちの良さは、自然素材だからこそできる空間です。

 

ただ、それだけでは本当の意味での居心地の良さはできないと思っています。

もう一つ大切なのは、「住まう人の気持ち」。
「家づくりをしてよかった」この気持ちこそが、住まう方にとっての最高の居心地をつくるのです。

 

 

一生に一回の家を、自分たちの手でつくる喜び

 

・我が家の大黒柱となる木をチェーンソーで伐ろう 大黒柱伐採体験

・家の空気環境を整えるホタテ漆喰を家族で塗ろう! 壁塗り体験

・直接肌に触れる自然素材の杉床を仕上げよう! 自然塗料塗り体験 など

 

県木住の家づくりは、できる限りお施主様に家づくりに参加していただく「施主参加型」の家づくりです。

出来上がったそれは、既製品のようなキレイに整った見た目ではないかもしれません。でも、それこそが、そのご家族にしかない「らしさ」ではないでしょうか。そこに、家族みんなで食事をする時に「ここはね〜、パパが塗ったんだよ」「でも、ちょっと失敗したのよねぇ」なんて会話が生まれる。愛着のある家には、日々の暮らしのあたたかさが生まれる。

 

「大変だけど、疲れたけれど、やってよかった」
そのご家族にしかできない家。プロにはつくれない家こそが、県木住の目指す家づくりです。

 

 

参加型家づくりのコミュニティ「くべる部」

 

県木住には、施主参加型の家づくりを体験されたお施主様たちによって構成されている、薪ストーブ愛好会「くべる部(べ)」というコミュニティがあります。実は、県木住の家を建てていただく方のほとんどが導入される薪ストーブ。

 

薪ストーブは人にやすらぎを与えてくれるとても魅力的なものなのですが、唯一の難点が、薪の調達。そこで、不定期ながら「薪集め会」などのイベントを行って、情報交換するなどして、薪ストーブに関する不安を解消しています。そうすることで、薪ストーブ初心者も安心して、薪ストーブを導入することができますし、コミュニティもナチュラルライフを楽しむための貴重な場となっています。

モデルハウス

現在建築中

メッセージ

家づくりは、ただ家を建てる作業ではなく、人生において、家族にとってとても大きなイベントです。だからこそAHBA-BASEに来て「こんなこともできるんだ」という新たな発見をして欲しいと思っています。共に、家づくりを楽しみましょう。

 

 

 

県木住 佐藤時彦

 

→県木住のホームページはこちら

(有)真木工務店

(有)真木工務店

人生の楽しみは、家族や友達とのコミュニケーションから生まれる

豊嶋建築(株)

豊嶋建築(株)

大切なことは目に見えない。だからこそ、プロがとことんこだわります

青菱建設(株)

青菱建設(株)

子どもの笑顔をつくる、守るための家づくり

企業組合 県木住

企業組合 県木住

居心地の良さをつくる材料は、自然素材と住まう人の気持ちである

(株)逢坂建築ホームプラン

(株)逢坂建築ホームプラン

予算、土地、ご要望。限られた条件をクリアして夢のマイホームを実現します